設楽町にある「きららの森」の入り口付近を散策しました。

先週の土曜日(27日)、設楽町の段戸高原県立自然公園にある段戸裏谷原生林、通称「きららの森」の入り口付近を散策してきました。

天気も良く、新緑を陽の光が突き抜けて降り注いでいる感じで、全身リフレッシュしてきました。

ほんとは少し上のほうへ登ればブナの原生林があるようなのですが、下のほうでも20~30mはありそうな巨樹ばかりで木の生命力に圧倒されました。

段戸湖では、こんな釣りしてました。寒くないんかな~おしっこしたくならんのかな~と、とても心配でした。

ここちよい春の風と、すぐそばで体を震わせて美声を聞かせてくれたウグイス(よく写ってませんが右の写真)に感謝しながらおいしいおにぎりをほおばりました。

きららの森へは、国道153号線を足助の10数km先(たぶん伊勢神トンネルを抜けたあたり)から右折し、県道484号→県道33号でたどり着きました。ただし県道484号は短いけれど、ちょっと度胸がいるかもしれません。対向車が来てもすれちがえそうにないかも・・・・・”(-“”-)”  もし行かれるときは、(私は走ったことありませんが)足助のあたりから県道33号線でずっと行ったほうがいいかもしれません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

自然観察

  1. 2017-5-13

    わりと身近な小鳥たち~観察してみませんか。

    先日、裏山へ登ってきました。春日井市で一番高い山の弥勒山です。私はほとんど登ったことがなく、都市緑化…
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る