昨夜は、いつもよりやや遅く、10時頃に床につき、久々に本を少し読んだ。司馬遼太郎の坂の上の雲、なかなかおもしろい。ずっと読んでおきたいところだが、朝、起きれないとまずいので、15分ほど読んで、早々に寝た。

夜中の調子は、いつものザワザワ感が多少少ない感じで、まあまあ。トイレは2回行ったような気がする。たいてい、いつも12時過ぎと3時過ぎに行く。きょうは4時前からうつらうつらとし、4時10分に起きた。

いつもどおり、歯のナイトガードを洗って、口をゆすぎ、朝ごはんを一人4時半頃に食べた。

それから少し、軽めの運動をし、トイレを済ませ、家を車で6時前に出発。

ドングリには、6時10分に着き、ロッカールームで着替えて、エプロンと頭巾を着け、2階の炊事場へ。

いつもどおり味噌汁を20人分作り、主菜と副菜を盛り付け7時40分に各テーブルに配膳完了。

早い人は、すでにテーブルに着いて食べ始めているが、たいてい皆さんゆっくりなので、廊下に向かって大きい声で「お食事どうぞ」と叫ぶ。

ここまで来たら、気分的にはずいぶんホッとしている。

あとは、手をどんどん動かして片付けに入る。

勤務時間の9時ちょうどか1分オーバー位のタイミングでお盆の最後の1枚を拭き終わる。

検食簿(日誌)を付け、まわりを見渡したら、職場(台所)を後にする。

まあこんな感じだ。いつもおんなじだ。(これは長崎弁か?)だが、すごく不思議な気持ちになる。

自分に、てんてこ舞いは、決して出来ないと思っていた。そういう種類の人間だと思っていた。

だけど、今、正に、てんてこ舞いしている。出来ている。ちょっと、自分の中に感動みたいなもんがある気がしている。不思議だ。

まあ今のところ、この緊張感やら充実感やらが味わえる限り、続けられそうな気がする。

帰ったら、まず、洋服をどんどん脱いで、下着だけになり、床にゴロッとひっくり返る。

ふうっと大きく息を吐く。

それから、日常の自分に戻る。

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

自然観察

  1. 2017-5-13

    わりと身近な小鳥たち~観察してみませんか。

    先日、裏山へ登ってきました。春日井市で一番高い山の弥勒山です。私はほとんど登ったことがなく、都市緑化…
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る