コーヒーカップ

­­好きな色は、緑。

理由は自分でも分からない。

生まれた時から、体にそう刻まれていた。

好きなものとか、好きな色に接しているのは、好きな人に接しているのと似ている。だから心の中心というか、核心部をキュッと掴まれている感じだ。

これは全部、翡翠の原石。 ­

白っぽく見える石も、緑の色を包み込んでいる。

とても素敵で高貴な感じがする。

この石を手にしたのは、30年以上も前のこと。

まだ小さかったふたりの子を連れて、新潟のヒスイ海岸に遊びに行った。時期は多分、8月の終わり。

その年は、病気で夏に子供をどこへも連れて行けず、夏も終わろうとする頃、やっと連れて行った海。

家族4人、人影のほとんどない海で遊び、翡翠を探した。きれいな石は、どれもこれも翡翠のように思えて、ビニール袋に入れた。

すると、近くで私達とおなじように、翡翠を探していたおじさんが、私達が拾った石を見て、「それは、全部翡翠ではなく、油石と言う石だ。亅と言う。

そして、自分が拾った石を私達に見せてくれて、「これは、ぼくに。これはそっちのぼくに。これは奥さんに。」と言って、自分が拾った石をいっぱい私達にくれた。

子供たち、そして私達をときめかしてくれた、なにもなかったこの夏の一番の出来ごと。

体内に、緑の色を、淡く、つつましげに秘めたるこの石達。あの時と一つも変わらず、あの瞬間を蘇らせてくれる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

自然観察

  1. 2017-5-13

    わりと身近な小鳥たち~観察してみませんか。

    先日、裏山へ登ってきました。春日井市で一番高い山の弥勒山です。私はほとんど登ったことがなく、都市緑化…
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る